君と僕と感情と右手

曇ってある朝から現実へ  君を見つめて妄想へ 『君が好き』 心の中で想う 自分に問いかけて 『どこが?なにが?…