紅色センチメンタル

膝を抱いて「寂しい」なんて嘆いていた 唯一人が恐かった「君」 が、居ない毎日は寂しくて 今日も嘆いて左手を刻ん…

君がしてる暗い顔 もう見たくないんだ ありきたりな台詞だけど 君には「笑顔」が似合ってる でも僕が居れば笑えな…

想-sou-

君の瞳には僕など映ってなかったんだ 歪んだ情景 僕を壊すよ たとえ愛しても君には届かない 鎖で縛られた愛が痛い…

幻想無歌

僕が壊れた日々で一つ 涙を流した人は居ますか? そんなこと分からない 精神の宿らない肉体をただ見つめてる もし…

心吐

貴女想えば救われるのでしょう 想いは空を舞う 届かない… 喚き苦しんでも貴女 感じない届かない 不…

溺愛

汚れなき瞳「ギラリ」 目を丸く見つめてる 俺はそれに恋したんだ お前は確か俺の事 眼中になど無かった 無理矢理…

春に別の君

君を想う季節 大好きで大好きで 君以外なにも見えないくらい 無理して強がるくらい でもそこには待ってるんだ&#…

罪‐罰

孤独に溺れながら 貴方を見つめた 罪なんて言わないで 罰なんていらないの 現在にすがりついて 離さない子供達に…

溺愛朔夜-SweeT MooN-

壊れかけた世界に蕾 僕は蕾を咲かせようと そしたら君は僕は恋をする そうやって信じた片想い 明日は君に会えるの…

虚空に月

貴女を想った季節 まだ何も知らなかった 堕ちたらなにが待ってるか 罪悪感の海で溺れて 貴女の顔も見れずに 崩れ…

反抗期

恋した夜に抜け出した牢獄 仲間と一緒に馬鹿をした 仲間以外には仮面を被って 仲間以外には牙を剥けて 仲間以外信…

孤独にサヨナラ。

7時37分 人生賭けた告白です 戸惑う君「考えさせて」の一言 自分の鼓動は聴こえるくらい 嬉しさと恐怖を混ぜた…

14歳、春。

大きなようで小さな世界 エスカレーター形式で君と出逢い 今更君に想いをよせた 君は僕のコト 好きだと言ってくれ…

病年

青空に咲く明るい花 眩しく照らす姿が美しく 眩い光が心地よい 少年の心どこかに思い出した気がした 抱えきれない…

AtoI dirty

密室の午後に傷を深めた 「相変わらず希望は無い」 白黒の世界は感覚を犯した 表情の欠片を落とした 黒い翼は全て…