アメがふってる

思い出の場所は 彼はもう覚えてないみたい 何ヶ月記念日に 彼は それなりのプレゼント買えば 許されると思ってる…

単純馬鹿!

どうでもいいよ、と だんだん投げやり人生Bye-bye ちょっと気取ったナルシスト 今更そんなんどうでもいーや…

M

Your body is sickly I like such you though it is not th…

心紅

僕はまだ知らない 自分が苦しむ事を 苦い未来を 僕はまた繰り返す 自分で犯す過ちを 紅い未来を 心紅に触れた手…

BLINDNESS.

君を見たその日から… 恋は盲目 だから人は 馬鹿なロマンチスト 僕は盲目 君を見たその日から&#8…

水-SAID-葬

この季節に降る雨は 神様が 誰かの悲しい未来見つけたから それを僕には必要だと思えなかった だってそんなの我侭…

林檎と映写機と砂

君が雫した砂は 何色? どんな言葉で僕に話しかけるのかな 僕は君が愛しいって言えるけど 君にとって僕は 何色の…