消えない傷

抱きしめた殻、君は何を想う? まだ消えない傷が疼くんだろう。 いくら僕が微笑んでも変わらない。 虚勢を張るのは疲れたでしょう? あの日から傷つけられた君。 出逢うべきではなかったのだろう。 いつからか君は、殻になった。 ...Read more

05-16.

あまりにも a painful reality visits 心のdoorをknockしたら overflowsする涙がpainful もしif time returns どんなlet’s dedicate ...Read more

from the PIG

People deny the anti-social character and conduct doing Do not you see the inside? 俺にはそれがちっぽけで くだらない事にしか思えない s...Read more

揺らした空を、君の為に。

彼の背中が泣いていた。 少しだけ、緩んだ声のさよなら。 離さなかった両手のお別れ。 寂しそうな私の手。 澄んだ空気、光る星達。 まるで祝福してくれるみたい。 か細い声、ありがとう。 綺麗な窓越しの彼の雨。 窓に反射した空...Read more

サイケセックス

有害な快楽が身体を伝い 惑わされて自己嫌悪を繰り返す 後悔に浸り殻に籠れど 侵入した欲に惑われる弱い理性 理性を飛ばした俺は 禁断の果実を抱きしめて 惑わされて貪り喰らいつく 始めから初めまで 全てを捧げ 醜さに溺れる ...Read more

忘却の空

視線の先は、網目行き交う世界。 澱んだ瞳が君を見つければ、 現実に目を反らす自分がいる。 そんな自分が口惜し哀しき。 なにが傷つく事を恐れてる? 揺れる鼓膜に、揺れる涙腺。 どんな言葉を見つける? 過去も、未来も、僕には...Read more

灰色の風

降り続く雪が私に積もり だんだん意識が遠のいてく 思い出せば悲しく儚すぎる物語だったよ あなたとの季節は 私には大きすぎたのかな? こんなにも幸福が降るなんて 愛しすぎるあなた 「愛してる」「大好きだよ」 聞こえないふり...Read more