無題

朗読 森川氏 音源 神性死神猫氏 例えばの話である。 私という存在は三分で作れてしまうインスタントなものだとしよう。 キッチンでお湯を沸かし、器に注ぐだけで受精する簡単なものだと。 そうして産まれた私は、いったいこの世界...Read more

やめろよ! すっぱいんだよ!

とある会社の田中さん の部下の斎藤さん が好きな人 の両親 がよく見るテレビ に出てくるアイドル の恋人 が昔付き合ってた人 の思い出の品 を捨てたあの川 でよく遊ぶ少年たち の中にいるタカシくん は田中さんちの息子 と...Read more

くさっている

ぴかっと光った気がしたんだけど、よく考えたら目玉がくさっているだけだった。 ぼーっと無駄に過ごしていると、ぴかっと光る。 ぼくは、その真っ白な光を見つめながら「やめてよ。」と呟き、病院に行った。 病院の先生は真っ白に光っ...Read more