躊躇い

雨が降りだす頃は、気分をどんよりと湿気で纏う。 濡れた裾や靴は重くて、一歩一歩が現実として形を成す。 ノイズのような雨の音が聞こえる。怖くないはずがなかった。 足を踏み出す。その先になにがあるのだろうか。 緑の広がる夢の...Read more