現実よ、夢であれ

何気なく口ずさんだ曲が全然知らない曲でびっくりしちゃって、あたふたしてたら知らないババアが「それなんて曲じゃい?」とか聞いてきたから「チームざっくばらんってバンドが歌ってる血眼daysって曲です」って知らないバンド名と知...Read more

Re:雨野さんへ

「最近誤字が多いですよね。これを差し上げます」 ぼくのブログを読んでいるらしい自称ファンが大きな包みをくれた。 そいつは「これで日本語を勉強してください。さようなら、またいつか」と皮肉めいた言葉を残し、去っていく。 自称...Read more

I BELIEVE in BLUE

夕暮れの空に石を投げ込むと、石が空に吸い込まれていく。そのたびにぼくは「ぼくも連れてってくれよぅ」って呟くんだけど、夕暮れの空はうんともすんとも言わない。何故なら空だから。 土手を歩いてるとピアニカの音が聞こえてくる。真...Read more

3人のぼくたち

プールサイドに落ちていたスク水を持ち帰って、自慢のハサミで乳首部分だけ切ってみた。そしてそのまま自宅に持ち帰り着てみる。あれ、意外と似合うかもしれない!鏡にうつったスク水ぼく。 …股関にスジは必要だろうか と、ふと考える...Read more

ゴリラマシーンイズリアル

明後日の方向にうんこを投げ続ける機械 名付けてゴリラマシーン そいつをぼくは作りたい 意味はない 作りたい すごくすごく面白いこと年中無休でやっていたい 全身に真っ赤な塗料をぶっかけて雪国を走り回りたい 日の丸計画 自販...Read more

にやんと猫や

三浦さんがバイトしてると噂のラーメン屋に行くと、そこには小汚い屋台がポツンとあるだけだった。 すると屋台には猫がいて「にゃんと!こんなところに人間がくるとは珍しいニャ」と言った。 ぼくは不思議に思いながらも美味そうなマタ...Read more

玲奈ちゃんコンニチハ!

ぼくを大好きな人だけを集めてさ、雨野青倶楽部っていうの作ろうよ。 ひたすらにぼくを褒めてくれる倶楽部。 ぼくが面白い日記書いたり素敵な詩を書いたりすると、ひたすらみんながステキーオモシローテンサイーって言ってくれるの。 ...Read more

あれから

朝の教室でクラスメートに「おはよう」と言った。クラスメートは戸惑いながらも「おはよう」と返し、誰?と付け加える。 本当は、ぼくはこの教室にいるべき人間ではない。四年前に卒業したはずの教室だった。だけど、あの日のまま変わら...Read more

愛してるって胡散臭い

右手に持ったショートケーキを思いっきり壁に投げつけた。ベシャって潰れて、いちごがコロコロと転がる。 公園のベンチに座ったカップルが 愛してるって囁きあっている。ぼくはウワァーッと叫んだ。カップルはビクッとしてこっちを向く...Read more

100話突破記念人気投票!?!?

3月29日に始めたこのブログも遂に100コ目の記事になりました!? 記念して人気投票を行います!!!!!!!!下位からの発表です!!!!!!!!! 第2位 トラックの運ちゃん 0票 第2位 お爺ちゃん 0票 第2位 佐伯...Read more

八王子革命来たる!!3

もう、何も続かない。この話に続きなんてない。だって八王子くんは死んでしまったし、ぼくたちはそれを知る由もなかった。 終わっていた。どこまでも終わっていた。ぼくたちは終わっている。 八王子くんが座ってバネでブランブラン揺れ...Read more

八王子革命来たる!!2

「そろそろ公園に帰ろうぜ」 ぼくはそう言って振り返り、入り口に向かって歩き出す。八王子くん以外のみんなもゾロゾロと後ろに続いていく。 普通に帰りましょう。 ぼくたちは一足先にうさぎ公園に向かった。 その間も八王子くんは大...Read more

八王子革命来たる!!1

「そうですね。八王子市が八王子区になるなら、あなたぐらいなら生かしておいてあげてもいいですよ。八王子に住まれては困りますけどね。」 そう言いながらも、八王子くんの手は震えていた。 銃口を権力者に向け、周りの死体を踏みつけ...Read more

活き作られり

赤い赤い空の真下ら、笑ってる子ども達の笑顔を値踏みするように眺める保護者達は焚き火を囲み、あの日の事件の新聞を燃やしている。子ども達はケセラセラと笑う。パチパチと焚き火が舞い上がり、赤い赤い空の真下ら、子ども達は世界の終...Read more