現代うんこ

詩という枠を飛び越えようと扉を蹴っ飛ばしたら、そこに広がる景色はうんこ塗れのクソッタレな無法地帯だった。 ぼく…