シニフィアンとシニフィエ

耐えきれなくなって口の端からこぼれた言葉を、やさしくすくってあげられる人になりたかった。うずくまって泣いているだけで、そんな風になれると思っていたの。本当は私にもそんな才能があって、今はほんの少し眠っているだけなんだって...Read more