おもう

喜んだり悲しんたり、いろんな感情になるためには練習がひつようだな、と思った。突然、悲しい出来事や喜ばしい出来事があっても、喜び方も悲しみ方も知らないから鯉みたいに口をパクパクするしかできなかった。そもそもほんとうに悲しい...Read more