闇に落ちた体温

月夜に照らされる部屋に蹲って
消えそうな君を見つめてた
虚な顔して表情も消えかけて
其の闇から救ってあげたいけど

月さえも照らせない部屋で涙を流した
消えそうな君を見つめてた
絶望を見つめる君に表情は無く
闇より暗くて何も見えないくらい
其の闇に今 行くよ

沈む君は闇に包まれて
消えゆく体温 沈んで消えた
心にも雪が降り積もる
伸ばした右手も届かない
闇に….
闇より暗い其の場所に消えた

コメントを残す