必要の無い物を必要として
僕の表情はバラバラに欠けた

世界を巡り歩いて表情の欠片を探すのです
世界は広いなんて言葉ばかりが落ちている
僕は世界を広いとは思わないのです
所詮誰かの手の上踊らされる
過去も未来も全てレールの上です
エスカレーター形式で落ちていくのです

どん底まで落ちれば
もう落ちる心配は無い

コメントを残す