弾けて消えてしまいそうな想い
本物だと信じるキミは盲目
僕の事なにも知らないのに
目に写る全てなど信じないで

ポケットに入れた携帯
僕を呼び出す林檎嬢
空っぽにちらつかせる財布
君を利用してみたいだけなんだ
僕のドラえもんだよ君は

寒い中優しい言葉をかけたって
僕は興味なさそうにうなずくだけ
視界に入りたいって
そんな安易な夢見ないでよ

どんなに着飾ったって
僕の風船は揺れもしないさ
金持ちは好きな僕
嫌いにならないでね

幸せが欲しいかい?

弾けて消えてしまいそうな想い
本物だと信じるキミは盲目
僕の事なにも知らないのに
目に写る全てなど信じないで

目に写る全てが僕ではないとしたら?

コメントを残す