そこにいったことはないし、
そこがドコにあるかも知らない。
だけど私はいきたいのだ。

酸素がないと聞いている。
呼吸ができない?のぞむところだ。

ひどく熱いと聞いている。
ひどく苦しいと知っている。
ひどく辛いと言っていた。
きっと救いが待っている。

嗚呼、私には信じられない。
この空にはまだ続きがあるらしい。
なんて美しいのだろう。

それにくらべて
私はなんて醜いのだろう。

嗚呼、私はそこにいきたい。
私を待ってるあの空へ
嗚呼、私はそこに帰りたい。
私が生まれたあの水へ

私は消えたい。
存在するより簡単に、

コメントを残す