「あなたはどのくらい
 高い声が出ますか?」

そう不審そうに
ソプラノさんが聞いてきた

だから私はギターを折り
ロックに死ね、と
少し大きめの声で言ってあげた

それなのにソプラノさんの声は
とても綺麗に
私に溶け込んでいくから
涙が止まらない

ワンワンワンワンワンワン
ワンワンワンワンワンワン
ワンワンワンワンワンワン

いえ、今は二番ですよ
いえ、これは私の泣き声です

ソプラノさん
あなたを殺して
私も死にます

それは素敵な提案ですね

ソプラノさんは
この世のものとは思えない
穏やかな笑顔で言った

ずるい

ズルズルズルズルズルズル
ズルズルズルズルズルズル
ズルズルズルズルズルズル

私は涙も鼻水も
止まらない

ソプラノさん
あいしています
けっこん
してください

ララララ ラララ
ララ ラララ
ラララララ ララ ラララ
ララ ララ ラララ

ソプラノさんは
歌うように微笑むだけでした

コメントを残す