片隅のさっちゃん

朗読 森川氏
音楽 salty氏

私は黒板に大きく書く。
「そして、私は失われた。」と。
教室がざわめく。
先生は私を睨み、教科書を握る。
哀れみにも似た視線が降る。子宮が痛い。
この場から今すぐ逃げてしまいたい。
足元がおぼつかない。視界は真っ白。
気がつけば保健室のベッド上。

「ただいま。」
もう保健室が私の教室なのだろう。
医療器具などは、私の私物みたいなものだし。

私はおもむろに棚から包帯を取り出し、保健室のドアノブに包帯を巻いた。
「ここが痛むの。」「ここが私の居場所でしょ。」「治るかな。」
様々な思いを巻く。ぐるぐる。
包帯を巻いたドアノブは、まるでその姿が本当の姿かのように、自然だった。

痛々しい白になぁれ

この世界に、私は上手に溶け込めない。
気がつけば、ひとり。
孤独を安堵するかのような、溜め息。
昨日という日に、私はいつも取り残されたままだ。
いつも今日に追い付かない。
私は今を生きれない。
これまでの人生、ずっとみんなの背中を後ろから見ていた。
そしてたぶん、これからもそうなんだろう。何となく思う。そこが私の場所で、私の限界なのかなって。

誰もが感じたことのある孤独が、私には少し違って感じる。
誰もが心のどこかにしまっている不満が、私には見つからなかった。
誰もが抱えている不安が、私には息苦しくて、堪えられそうにない。
思考を遮るような、薬品の鼻につく匂いがやけに落ち着く、そんな放課後のことでした。

コメントを残す